体が教えてくれること① エサレンボディワーク

記しておきたい、という気持からここに残そうと思った。


ーーーーー


私はボディワークと呼ばれる施術方法を選んだ。

施術を受けたり話の内容を聞いて直感で選んだものだけれど

ボディワークと呼ばれるもの、その中でも

エサレンボディワークに出会えてよかったと思うし

自分がなぜそれを選んだのかが明確になった。

(8年めにして今更!なのだけど…)


エサレンボディワークは枠が広い。

肉体に対するどんな手技も取り入れられるし

エネルギー体として人を捉えてもいる。

そして体には心や魂が宿っているということも。

体という存在は単なる物体ではない。

私の頭脳よりも遥かに賢い智慧を持っているはず。

いつの間にか傷の修復をしてくたり、生理が来たり、

細胞が新しくなったりするから。

これは私が頭脳を使ってもどうにもできないことだ。

体を信頼して体にお願いするしか方法がないとも言える。


私が施術で直接的に扱うのは身体だけれど

そこにはその人の全てが宿っている。

その人の過去も、未来も、今も、感じる心も、魂や意識も。

直感ではあったけれど、

エサレンボディワークを選んだのは

人を体だけで捉えないからなんだと思う。


私は治療家ではないし、癒し系でもない。

私がしていることは、その人の細胞やエネルギーが動き出すのを待つこと、

スペースを保つこと、その人と一緒にいること、その人の境界に介入しないこと、

その人の持っている自己治癒の力を引き出すサポート。


触れられることで気づくこと、触れることで気づくこと、

どちらも体験してきたことで、どちらも大切にしていること。



[PR]
by shiva1129 | 2018-05-30 22:51 | 身体のこと、心のこと | Comments(0)

エサレン®ボディワークプラクティショナーのブログ


by 柴﨑久美子